メモパッド

江戸一 五右衛門のメモパッド

上司の決済貰う為に、企画をまとめることに辟易している人へ

希望に満ち溢れ、目が爛々としていた新人時代。
あらゆる企画に希望と明るい未来のイメージを乗せ提出していた。

沢山のボツを喰らい、行く末を見てきて
「会社や上司を喜ばせるための企画が良く通る」ことに気付く。

やりきれない思いで、酒をかっくらい、
「これが現実か。」と過ごした。

気が付くと、私の企画も「会社や上司を喜ばせるもの」に変わり
辟易した想いよりも慣れの方が大きくなり「これが大人ってもんか。」

キラキラと輝いていた目が、お魚さんのような目になり
「このままで良いのか。転職しようかな。やりたいことをやりたいな。キラキラを取り戻したい。」

目的は変わるもの!という視点を持ってみる

目先の結果ではなく、中長期に渡る視点で見て見ましょう。

例えば、
まずは、上層部から承認を得ることを目的とする。

後は承認を得る為に進めていき、プロジェクトを世に生み落とすことを目的とする。

引き返すには惜しいと思うくらいに育てることを目的とする

徐々に自分が本当にやりたいものをソッと忍び込ませて行く。

やりたいことが実現し始める


案外、組織ってシンプルなもの。

もちろん莫大な時間と労力がかかるかもしれないけど
仲間が多ければ、一気に進む。

決裁権を持つ仲間がいれば、もっと早い。

経営資源と同じように、
自分が持ちうる資源「ヒト・モノ・カネ・ジカン・ジョウホウ」をフル稼働させてみて
急がば回れの戦法で取り組んでみてはどうでしょう?

自分の視点が変われば、世界が変わるのは、見える世界が変わるということ。

広告を非表示にする